カルディおすすめ通信

カルディでマヌカハニーを買いました。値段やグレードについて

カルディでマヌカサウスのマヌカハニーを買ってみました。年末、風邪で喉を痛めてしまってマヌカハニーがいいんじゃないかとゲットしてみたんです。黒地にゴールドのパッケージ。かっこいいですね~。
マヌカサウス マヌカハニー マヌカハニーには、普通のはちみつにはないメチルグリオキサールという抗菌成分が含まれています。メチルグリオキサールは体内でも抗菌効果を発揮できるそうです。腸内では、善玉菌を殺さず悪玉菌だけをロックオン!して殺菌してくれるのです。

 

マヌカハニーの値段は?

マヌカハニー UMF15+
マヌカサウス UMF15+(250g)の値段は5,400円(税抜)(税込みで5,616円)でした。高価ですねー!でも、今後の予防のためにもと思い切りました!

買った直後の1月1日に福袋を買いにカルディに行ったら、マヌカハニーがセールになっててショック~。お正月三が日だけのセール価格のようでした。4,200円とかそんな価格だったんじゃないかな。あれ?安すぎるかな?4000円台だったのは確かだけどショック過ぎて記憶が・・・。

1月中の別の日には、マヌカハニーがいつもの価格でマヌカハニーキャンディーがセットになったのが売ってました、ちょっぴり割引って感じですね。

マヌカハニーは、時々セール価格になるみたいなので、狙って買うといいかもですね。

カルディで買えるマヌカサウスのマヌカハニーには、更に高品質なUMF 20+(250g)もあります。価格は、税込みで9,300円ですっ。

 

カルディで買えるマヌカハニーのグレードについて

とろりとしています
わたしが購入したマヌカハニーのグレードはUMF 15+です。UMFは、ニュージーランド最大のマヌカハニーの品質管理団体「UMFハニー協会」が定めた品質の認定で、最も一般的で信頼できる基準です。数値が大きいほうが抗菌活性が高くなります。

UMFは、5+から25+まであります。
抗菌効果の目安は以下の通りです。
5+:栄養補給レベル
10+、12+:日常生活の健康維持
15+、18+:十分な抗菌力。感染症予防、健康回復
20+、23+:優れた抗菌力。消化器官の改善や不調に
25+:全体の1%しかない最高レベル。消毒液の12.5倍相当の抗菌力

マヌカハニーにはMGOという基準も知られています。これは一つのメーカー(ニュージーランドの「Manuka Health」社の登録商標)でのみ使用されています。MGOはメチルグリオキサールの略。マヌカハニー特有の殺菌成分メチルグリオキサールが1kgあたり何mg入っているかということを示しています。

UMF 15+はMGO500+相当
UMF 20+はMGO800+相当

カルディにはマヌカサウス以外にもマヌカハニーはあります。
カチカチハニーはMG 26+。これはMGO 26+と同等ですので、普通のはちみつという感じでしょうか。

ワトソン&サン マヌカハニーは、MGS 8+のものがありました。MGSはマヌカハニーの偽物の流通を防ぐ為に作られた新しい基準。抗菌力の目安はUMFと同じです。なのでUMF 8+と考えればOKです。感染予防には弱いかも。健康維持にはよさそうです。

カルディで別なマヌカハニーを見つけたらまた追記しまーす。

 

マヌカハニーの味は?

マヌカハニーは、数値が高くなるほどマヌカの味が濃くなり、スパイシーさが増します。

今回購入したマヌカハニー UMF 15+は、普通に美味しくいただけるお味です。普通のはちみつのように甘ったるくないので、むしろ食べやすいと思いました。

 

カルディで買えるマヌカハニーについての話題でした。

わたしは昭和生まれなのでピロリ菌が気になっています。いつか調べに行こうと思ってますが、ちょっと面倒くさくて行ってないです。UMF 20+の抗菌活性力が気になります。でも、高いなー。

 

スポンサーリンク